単気筒試験エンジン
製品詳細
試験機の特長
筒内流動測定をおこなった燃焼室形状で動力性能を確認可能
バルブ機構はそのままに、ヘッドを交換することでバルブ挟角も変更可能
燃焼室周囲に障害物がなくオプティカル計測アクセス可能
ツインカウンターギヤと可変カウンターウェイトによる低振動化
ボア、ストローク、クランクオフセット等の自由度が幅広く設定可能

計測項目
管内流動、燃焼観察、インジェクタ噴霧、動力性能、その他
可視化領域
側面(視野範囲大)
ボトム(視野範囲小)
運転領域
流動:4000rpm/min
燃焼:2800rpm/min
性能:6000rpm/min
その他の特徴
@流動・燃焼・動力性能の相関が得られる
Aバルブ挟角変更はヘッド上面角で変更可
B可視化部分のメンテナンス性が容易
C要求に応じてヘッドにセンサ孔設定
Dヘッド(ポート)形状変更が容易
Eロングピストン、ピストントップの変更が容易
Fコンパクト設計
流動計測
@ シリンダーに石英ガラスまたはサファイアを採用しており、モータリングにてエンジン稼働をおこない、筒内流動計測などが計測可能になります。
※筒内流動計測時には別途計測装置必要になります。
※可視化用シリンダーは石英ガラス、サファイアにて価格が異なります。

A 先行開発用のINポート/EXポート、燃焼室、バルブ径、バルブ配置、バルブ角度など、各仕様のヘッドを簡単に変更可能としており、テストごとに要望されるエンジン仕様を変化させる事が可能です。初期のエンジン検討段階でCFD等の解析データと実測データを比較することにより明確なエンジン開発の方向性が見出せます。
B CFDソフト等のデータと検証することが出来ることにより正確に早く開発が進む。
C ピストントップ形状の比較テスト時に必要となってくる、各部品の交換も簡単に変更することを可能としており、開発スピードの向上、開発コストの抑制に繋がります。
D ピストンの上部であるピストントップ部を石英ガラス、サファイア等に変更することにより、ピストン下部方向から燃焼可視化が可能となります。
燃焼状態計測
@ 低速回転での燃焼状態を可視化可能であり、確認可能。
A 燃焼解析ソフト等の比較が出来ることによる開発スピード向上。
B 流動計測と同様に、様々なパーツの変更が簡単仕様を実現しており、仕様ごとの作業時間の短縮、開発スピード向上、開発コストの抑制を実現。
C 流動と燃焼が同じ仕様のエンジンヘッドで確認可能。
試験装置でのロングピストン・ショートピストン仕様の共通な特徴
@ バルブ機構はヘッド部と独立構成されており、自由度も広く、ご要望されるバルブ機構に副った変更を可能としています。
A ボア、ストローク、コンロット長さ等を変更することによるエンジン振動問題はクランクウエイト、バランサーウエイトの変更を取り入れ、振動問題を解消しています。
B シリンダーブロック部のオフセット調整を可能としており、ご要望、仕様により調整対応を可能としています。
C 小排気量車、大排気量車など、幅広く想定しており、設計段階からの排気量変更要望に対して柔軟な対応が可能です。
D エンジン稼働時にコントロールパネル手元で非常停止操作を可能にするなど、テストベンチ室に入ることなくコントロール室より様々なコントロールを可能にしています。
E エンジン制御も非常停止操作同様にコントロール室よりコントロールを可能としています。試験設備全体を観察しながら安全に作業をおこなう事が可能です。
F コントロールパネルには、インターロック機構を備えています。非常停止ボタンを押した際、エンジンが安全に、また可能な限りエンジン自体を損傷する事なく、停止可能な状態になる様に配慮しています。
G エンジン制御時に使用するパソコン画面は標準仕様を用意していますが、お客様のご要望を基に、様々な画面設定及びレイアウト変更を可能としています。
※作成費用は別途必要
H 電動可変オイルポンプ
I 電動ウォータポンプ
J ポート噴射及び直噴可能
K カムタイミング手動調整
L 燃焼圧力センサー・ボアースコープ等取付け
M 設計がシンプルで部品組み換えが簡単な為、開発作業がスムース

オプション
@ インタークーラー別途取付け
A ターボ及びスーパーチャージャ別途取付け
B EGR別途取付け
C ドライサンプ
D バルブリフトカーブが自由に変更出来る油圧機構(他社製品)の取付けも可能
E トルクセンサー取付けによりエンジンのフリクション計測が可能